新型ハリアーのスペック・加速性能・乗り心地について調査してみた

大人気のハリアーですが、スペックや加速性能はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

今回はスペックや加速性能、乗り心地に到るまで調べてみました。

それでは紹介していきます。

 

新型ハリアーのスペックは?

引用 https://www.tokyo-toyopet.co.jp/

車を購入するとなったらやはりスペックは気になる部分ですよね。

色々な比較ポイントがあるかと思いますが、そんな中でもスペックは目に見えてわかるポイントなので、気になる部分が多いかと思います。

ということでハリアーのスペックから紹介していきたいと思います。

ハリアーは1997年に高級クロスオーバーsuvとして発売されました。

発売当初はどのメーカーもSUVというジャンルにあまり参入しておらず、まして高級SUVというものはほとんど存在しなかったので、先駆け的存在でした。

そんなハリアーは最初のコンセプト通り現在でも高級suvの立ち位置をほしいままにしています。

現在のモデルでは見た目もよりキリッとした見た目になり、より高級感の出たモデルになっているのではないでしょうか。

まずはハリアーの種類について紹介していきたいと思います。

ハリアーにはターボモデル、ガソリンモデル、ハイブリッドモデルがあります。

当然ですがターボモデルは走りに特化しているため燃費が少し悪くなっています。

一方でハイブリッドモデルはかなり燃費に振っているように感じます。

ガソリンモデルはその間をいく中間といった感じでしょうか。

ただどのモデルにおいても特徴的な側面がありますが、他の部分を全くおろそかにしてしまっているということはないので、安心して乗れるかと思います。

このようにたくさんの選択肢があるというのは選ぶ側のユーザーからすると嬉しい限りですね。

ちなみに燃費はハイブリッド車の最高燃費で21.8km/lとなっており、ターボ車は12.8km/lとなっています。

このように燃費にも大きな差が現れていることがわかるかと思います。

引用 http://synthsonic.net/

次はパワーについてみていきたいと思います。

パワーですがターボ車は231PS、ガソリン車は151PS、ハイブリッド車はトータルで197PSとなっています。

ハイブリッド車に関してはモーターのパワーも入っているので単純に比較できるというわけではないですが、ターボ車は明らかにパワーに振っているのがよくわかるかと思います。

ただ現在のハリアーはダウンサイジングでエンジンの排気量自体が前のモデルよりも小さくなっています。

トランスミッションであるCVTのセッティングや足回りのチューニングによって上手に作り込まれていますが、パワー不足を感じるならば前モデルを選ぶのもいいかもしれませんね。

またサイズに関してはどの車種も同じで全長 4,725 mm x 全幅 1,835 mm x 全高 1,690 mmとなっています。

車によってはグレードでサイズが異なる車もありますが、ハリアーに関しては変わらないですね。

サイズを気にする方はグレードによって差が出ないのでこの部分は心配しなくて良さそうです。

サイズ感も現在のSUV市場だけでなく他の同じ価格帯のセダンなどをみても全長と全幅はそう大きくは変わらないかと思います。

それぐらい一般化されているサイズとなっています。

あまり大きすぎずかつコンパクトカーのように小さいわけでもない、ちょうどいいサイズ感になっているのではないでしょうか。

 

新型ハリアーの加速性能は?

次はハリアーの加速性能に関して紹介していきたいと思います。

ハリアーはsuvになるのでスポーツカーのように加速性能をすごく気にする方はそれほど多くないかと思いますが、それでも高速道路での合流や、中間加速などで加速力が気になる方も多いかと思います。

さて肝心の加速性能ですが、やはりターボモデルは走りに特化したモデルになるのでかなり加速性能はよくなっているようです。

ターボモデルの0km/hから100km/hまでの加速時間はだいたい7秒前後となっているようです。

クラウンですら6.9秒ですから、かなりいい結果が出ているのではないでしょうか。

スーパーカーなどと比べるとタイムは全く良くないものになってしましますが、ハリアーはスポーツカーではないですし、SUVでこのタイムはかなり優秀な値なのではないかと思います。

なおハイブリッドモデルで約8秒前後、通常のガソリンモデルで10秒前後となっているようです。

メーカーの公称値ではないので、必ずしもあっているとは限りませんが、参考程度に考えていただければと思います。

また中間加速ですが、こちらも0km/hからの加速力と同様にかなりいいものになっているようです。

何といっても現在のモデルは先代からダウンサイジングされて作られているものになりますので、先代の加速力に匹敵するようなセッティングが施されているのではないかと思います。

いくら環境性能がいいものになっていても運動性能が良くなかったら前からのお客さんは離れていってしましますからね。

この辺りは高級SUVを名乗るだけあってかなり作り込まれているのではないでしょうか。

 

新型ハリアーの乗り心地は?

引用 https://toyota.jp/

最後は乗り心地に関して紹介していきたいと思います。

いくらスペックが良くて加速性能がいいとしても乗り心地が良くないと買うときに一歩引いてしまうのではないでしょうか。

ただひたすらにスピードや運動性能を求めるスポーツカーのような車であるならまだしも、SUVというラインアップでは乗り心地はかなり重要な指標になっているように思います。

そんなハリアーの乗り心地はさすが高級SUVを名乗るだけあってかなりいいものになっているようです。

色々な比較サイトや乗った人の感想ではコーナーでの揺れが少なくなったといった意見であったり、静粛性が増したという意見もありました。

新型ハリアーは先代から乗り心地の面でも大きく進化したようですね。

特に後部座席での静粛性であったり、揺れの少なさはかなりいいものだそうです。

引用 https://shinopin.blog.so-net.ne.jp/

先代は少しサスペンションの設定からかゴツゴツした乗り心地の時もあったようですが、今ではいい感じにふわふわな乗り心地のようです。

一言にふわふわというと、サスペンションが柔らかすぎて押さえ込めていないという印象を持つかもしれませんが、そういうわけではなく、安定感があるなかに優しいふわふわ感があるということです。

いくら高級SUVだからと言ってもSUVという車両の特性上車高が高くなる傾向にあります。

車高が高くなるということは重心が高くなるということですので、必然的に左右に振られる傾向が強くなります。

そのためSUVは基本的にふわふわした乗り心地の車が多くなってしまうのです。

一部のスポーツグレードでは足回りを固めこのふわふわ感を抑えた車両もありますが、そうなると今後はゴツゴツした乗り心地になってしまい、いい乗り心地とは言えません。

その点を考えるとハリアーはかなり足回りのセッティングを考慮して作られており、良くできていると言えるのではないでしょうか。

また後部座席の乗り心地がいいというのは高級車にとって大きなアドバンテージだと思います。

高級車になればなるほど、後部座席に重役などの人を乗せる機会が多くなりますので、その点はかなり作り込まれているなと思います。

今回はハリアーのスペックや加速性能、乗り心地についてまとめてみました。

皆さんのクルマ選びの何かの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク