新型ハリアーをライバル車と徹底比較:フォレスター

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

国内で販売される車には様々なタイプのものがありますが、中でも憧れの的になっているのが「SUV車」です。
各自動車メーカーは、SUV車市場において走行性能や居住性などでしのぎを削っており、「新型トヨタハリアー」にもライバル車が複数存在します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

今回の記事では、「新型トヨタハリアー」のライバル車の中から「スバルフォレスター」との価格・サイズ・燃費について比較してみます。

車両本体価格


「車両本体価格」は、数多くあるSUV車の中からお気に入りの車を選ぶ重要な基準ですよね?
また同じ車種でも、グレードにより価格に開きがあります。

この章では、「新型トヨタハリアー」と「スバルフォレスター」の車両本体価格についてお話しします。

ハリアーの価格

https://toyota.jp/harrier/grade/special/から引用

まずは「新型トヨタハリアー」の車両本体価格についてです。
グレードはガソリン車・ハイブリッド車・GR SPORTに分かれます。

ガソリン車

グレード 価格
PROGRESS SB T 3,810,240円
PROGRESS 3,780,000円
PREMIUM 3,249,720円
ELEGANCE 2,949,480円
PROGRESS SB T 4,080,240円
PROGRESS T 4,050,000円
PREMIUM T 3,519,720円
ELEGANCE 3,380,400円

※SBはStyle BLUEISHの略です。
※Tはターボ車の略です。

同じガソリン車でも最大約112万円の開きがあります。
最上級グレード「PROGRESS」やターボ車を選ぶと車両本体価格が高くなります。

そのため、走行性能にこだわらない方はターボ車の設定を外すとお求めやすくなるでしょう。

ハイブリッド車

グレード 価格
PROGRESS SB 4,634,280円
PROGRESS 4,604,040円
PREMIUM 4,074,840円
ELEGANCE 3,774,600円

※SBはStyle BLUEISHの略です。

ハイブリッド車の車両本体価格は約377万円からとなっており、ガソリン車に比べて初期費用が80万円以上多くかかります。
しかし、「価格が高くても維持費を安くしたい」と考える方はハイブリッド車を選ぶようです。

GR SPORT

「GR SPORT」とは、世界中で活躍するレーシングチーム「TOYOTA GAZOO Racing」 が開発したスポーツカーブランドで、走行性能に特化したグレードです。

グレード 価格
ELEGANCE(ターボ車) 3,996,000円
ELEGANCE(ガソリン車) 3,398,760円

GR SPORTの購入層のほとんどが「走りを楽しみたい」方であるため、車両本体価格が400万円近くするターボ車を求める傾向があるようです。

このように、「新型トヨタハリアー」は車に何を求めるかによって車両本体価格に大きな差が生まれる車と言えるでしょう。

フォレスター

https://sp.subaru.jp/forester/forester/から引用
次はライバル車の「スバルフォレスター」の車両本体価格についてお話しします。
「新型トヨタハリアー」に比べて、グレードは細分化されていないのが特徴です。
グレード 価格
Touring 2,808,000
Premium 3,024,000
X-BREAK 2,916,000
Advance 3,099,600
フォレスターはグレードによる価格差は30万円程度になっていますが、その分「新型トヨタハリアー」と比較して選択肢の幅が狭い印象を受けます。
ハリアーとフォレスターの車両本体価格では、ハリアーは全体的に高めの価格設定ではあるものの、「車へのこだわり」を持つ方にはオススメの車です。

サイズ


続いて「新型トヨタハリアー」と「スバルフォレスター」のサイズを見てみましょう。
日本は道幅の狭い所が多いので、ボディーサイズを気にする方は多いでしょう。

また車内で長時間過ごしたり、多くの荷物を積む方にとっては、室内サイズも気になるところです。

ハリアー

「新型トヨタハリアー」のサイズは次のようになっています。

全長 4,725mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm

全体的に見ると、全幅は高級セダンに匹敵しますが、SUV車の中ではコンパクトにまとまっている印象を受ける方が多いでしょう。
特に全高が1700mm以内であるため、機械式立体駐車場に対応しやすくなっています。

また、室内サイズは、

室内長 1,965mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,220mm

となっています。

フォレスター

続いてライバル車の「スバルフォレスター」のサイズもご紹介します。

全長 4,625mm
全幅 1,815mm
全高 ※1,715mm

※xbreakは1730mmm。

「新型トヨタハリアー」と比較して、全長や全幅がコンパクトになっているため、狭い道などでのすれ違いは楽ですが、全高が1,700mmを超えているため入庫できない機械式立体駐車場が多くなるでしょう。

室内長 2,110mm
室内幅 1,545mm
室内高 1,270mm

「新型トヨタハリアー」と「スバルフォレスター」の室内サイズを比較すると、全てにおいて「スバルフォレスター」に軍配が上がるという結果が出ました。

このように、高さ制限を気にせず走りたい方には「新型トヨタハリアー」がオススメですね!

燃費


次に車の維持費に大きく影響する「燃費」について比較してみました。
まずは燃費を比較する基準の1つ「JC08モード」が何かをお話しします。

JC08モードとは?

「JC08モード」とは、1Lのガソリンでの走行可能距離を計測するもので、従来の「10・15モード」より実際の燃費に近いと言われています。
新型車では2009年11月から表示が義務化されています。

具体的には、

・エンジンが冷えた状態からの計測
・最高速度は 約81.6km/h
・平均速度は 約24.4km/h
・測定時間20分4秒
・想定走行距離 8.171km
・エアコンは使わない。
・ハンドル操作なし。

という条件下で行われます。

しかし、実際にはテストコースで走行試験をしているわけではなく、シャシダイナモメータ(ローラー)の上で、タイヤを回転させています。

ハリアー

https://toyota.jp/harrier/grade/special/?padから引用

まずは「新型トヨタハリアー」の燃費についてお話しします。
ただし、GR SPORTについてはトヨタのホームページでは掲載されていません。

・ガソリン車

グレード 燃費
PROGRESS SB T 14.8~16,0km/L
PROGRESS 14.8~16,0km/L
PREMIUM 15.2~16.0km/L
ELEGANCE 15.2~16.0km/L
PROGRESS SB T 12.8~13.0km/L
PROGRESS T 12.8~13.0km/L
PREMIUM T 12.8~13.0km/L
ELEGANCE 12.8~13.0km/L

※SBはStyle BLUEISHの略です。
※Tはターボ車の略です。

・ハイブリッド車

ハイブリッド車は全て、21.4km/Lです。

比較すると、ハイブリッド車の方が5~8km/L程度上回っています。
ガソリン車の燃料タンクの容量が60L,ハイブリッド車の燃料タンクの容量が56Lですので、あくまで理論値ですが、

・ガソリン車(16.0km/Lの場合)
  60×16.0=960km

・ハイブリッド車(21.4km/L)
  56×21.4=1198km

走行可能です。

フォレスター

https://sp.subaru.jp/forester/forester/から引用
フォレスターの場合は、Advanceは18.6km/Lですが、その他は14.6km/Lとなっています。
Advanceの燃料タンクの容量が48L,それ以外が63Lですので、

・Advance(18.6km/Lの場合)
  48×18.6=892.8km

・Advance以外(14.6km/Lの場合)
  63×14.6=918.8km

走行可能です。

このように「新型トヨタハリアー」の方が満タンで長く走行可能です。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、「新型トヨタハリアー」のライバル車の中から「スバルフォレスター」との価格・サイズ・燃費について比較してみました。
車選びはチェック項目が多くて、考えれば考える程悩みが深まるものですよね?

しかし、車のカタログに書かれていることや販売員が言って入ることが理解できれば、それほど悩むことはなくなるでしょう。

今回の記事を読んで、車選びのポイントを掴んでいただけたらと思います。

ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク