ハリアーのサイズ感はどうなんだろう?他のSUVとも比較してみる

一言で車と言っても実に様々なタイプがありますよね?
その中でも走行性能と居住性のバランスに長けている「SUV車」は、人気のタイプとなっています。
各自動車メーカーは販売単価に比例して、利益の高いSUV車の開発にしのぎを削っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

しかし、SUV車を購入したい方にとって、選択肢の幅が広がると同時に、どれを選べばよいか?という迷いも生まれてきます。

今回の記事では、「新型トヨタハリアー」とそのライバル車の違いをサイズの面から比較してみます。

サイズを比較するポイントとは?

車のサイズは大きく分けて、「ボディーサイズ」と「インテリアサイズ」です。
ボディーサイズは、走行時のすれ違いなどの運転のしやすさと関わっています。

またインテリアサイズは車内での居住性や積載性のバロメータになります。
自動車販売店に置いてあるカタログ、もしくは公式ホームページで「主要諸元表」というところを見れば確認できます。

 

ハリアーのサイズ

 

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

ここではまず、「新型トヨタハリアー」のサイズについて解説します。
その数値を見ながら、後にご紹介するライバル車と比較検討してみるといいでしょう。

 

ボディーサイズ

「新型トヨタハリアー」の全長・全幅・全高は、

全長 4,725mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm

となっています。

全長が4,700mmぐらいですので、一般的なタクシーの長さをイメージしていただければいいと思います。
高級セダンのような長さはないので、慣れれば余程カーブのきつい場所でなければ、転回が楽でしょう。
全幅は高級セダンと変わらないため、狭い道ではすれ違いに苦労することも考えられます。

ただし、すれ違いの際にサイドミラーを倒すようにすればストレスを軽減できます。
全高の1,690mmという数値は機械式立体駐車場を意識したものでしょう。
特に都心では高さ制限が1,700mmまでという立体駐車場が珍しくないからです。

全体的に見ると、「新型トヨタハリアー」は普段使いにちょうどいいボディーサイズの車に仕上がっています

 

インテリアサイズ

「新型トヨタハリアー」のインテリアサイズは、

室内長 1,965mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,220mm

となっています。

ボディーサイズの全長が4,700mm程度なので、室内長が2,000mmないのは仕方ない面はあるでしょう。
しかし、SUV車としては比較的コンパクトサイズでありながら、後でご紹介するライバル車を比較しても引けを取らないレベルにあり。

快適な車内空間を実現した1台と言えるでしょう。

 

ライバルSUV車のサイズ

インターネットで「ハリアー、ライバル車」というキーワードで検索しても、サイトによって車種に違いがありますよね?
ここでは、筆者が実際に街中で走る姿をよく見かける車に絞って、サイズを比較してみます。

 

スバルフォレスター

https://sp.subaru.jp/forester/forester/から引用

ライバル車の中から、まずは「スバルフォレスター」のサイズをご紹介します。

「スバルフォレスター」のボディーサイズは、

全長 4,625mm
全幅 1,815mm
全高 1,715mm

となっています。

ただし、グレードxbreakの全高は1730mmです。
「新型トヨタハリアー」よりもボディーサイズが小さいため、乗りこなしやすくなっていますが、全高が1,700mmが以上あるため、どうしても機械式立体駐車場に停めることができないケースが増えるでしょう。
例えば、機械式立体駐車場の高さ制限が1,700mmの場合、フォレスターの全高は1,715mmで15mmしか高くないので、「それぐらい大丈夫なのでは?」と思う方がいるでしょう。

しかし、機械式立体駐車場はセンサーで車のサイズを計測しており、「ギリギリサイズ」は仮に入庫したとしても、内部でセンサーに干渉し、駐車場のシステムがストップしたり、車が損傷しやすくなるため、サイズに余裕のある駐車場を利用する方が賢明です。

一方、インテリアサイズは

室内長 2,110mm
室内幅 1,545mm
室内高 1,270mm

となっており、
「新型トヨタハリアー」のサイズと比較すると、全体的に「スバルフォレスター」の方が広いという結果が出ました。

このように、インテリアサイズが多少小さくても、ボディーサイズの高さや幅が少しでも小さい方が運転や駐車がしやすいと考える方には「新型トヨタハリアー」がオススメです。

 

日産エクストレイル

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/から引用

続いて「日産エクストレイル」です。

エクストレイルのボディーサイズは、

全長 4、590mm
全幅 1、785mm
全高 1、685mm

となっています。

ただし、ハイパールーフレール付lきは全高1770mmです。
全体的にこじんまりとした印象を受けます。
特に全長は普通車並みであり、存在感のある車に乗りたい方には「新型トヨタハリアー」の方がオススメです。

逆に言うと、「SUV車は欲しいけど、運転に自信がないので小さめな車がいいなぁ・・・」という方にはエクストレイルの方がピッタリでしょう。

一方、インテリアサイズは

室内長 2,000mm
室内幅 1,450mm
室内高 1,255mm

となっています。

ただし、サンルーフ付きの室内高さは1,235mmです。
ボディーサイズの全長と比較して、室内長が頑張って長くしたなぁという印象は受けますね。
それ以外はSUV車の中では、小さい部類に入るでしょう。

このように、ボディーサイズが小さいですが、サーフボードのような長尺物を載せたい方には、「日産エクストレイル」の方がオススメです。

 

マツダCX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/から引用

「新型トヨタハリアー」のライバル車として、3つ目に挙げるのが、「マツダCX-5」です。

ボディーサイズは、

全長 4,545mm
全幅 1,840mm
全高 1,690mm

となっており、全体的に幅広です。

また、インテリアサイズは、

室内長 1,890mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,265mm

となっています。

室内も幅広で、さらに高さもありますね!

しかし、長さはSUV車の中では短い部類に入るため、長尺物を積んだり、長距離ドライブでマットを敷いたりするには、「新型トヨタハリアー」の方が上回っているでしょう。

 

トヨタCH-R

https://toyota.jp/c-hr/grade/から引用

最後に、「トヨタCH-R」と比較してみます。

まずボディーサイズは、

全長 4,360mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm

ただし、ガソリン車の 4WDは全高が1,565mmです。

こちらも幅広のイメージですが、全体的にSUV車の中で小さいタイプになります。
特に全高の1,550mmはビジネス街」の機械式立体駐車場でも入庫できるものです。

ビジネス街は、企業の役員クラスを送迎するセダンが多く利用するため、それほど背の高い車を想定していません。
そのため、街中に車で出かける方には利用しやすい車と言えます。

一方インテリアサイズは、

室内長 1,800mm
室内幅 1,455mm
室内高 1,210mm

となっており、ボディーサイズに比例してインテリアもコンパクトサイズとなっています。

このように、「新型トヨタハリアー」とライバル車のサイズを比較しましたが、ボディーサイズの大きさが気にならない方であれば、居住性や積載性はSUV車の中ではトップクラスと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、「新型トヨタハリアー」とそのライバル車の違いをサイズの面から比較してみました。

SUV車について、「大きな車」というイメージを持つ方も多いでしょう。
確かに高級セダンと変わらない全長をもった車もありますが、中には普通車と同じ長さだが高さがあるものまであります。

「新型トヨタハリアー」はライバル車と比較して室内で快適に過ごせるスペースを有しており、総合的に優れた車と言えるでしょう。

今回の記事を読んで、各SUV車の特徴について知っていただければ思います。

ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク