新型ハリアーのダウンサスはこれがオススメ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

「新型トヨタハリアー」は長年SUV車として愛され続けている、歴史のある車です。
ハリアーは高い走行性能、洗練されたデザイン、高い居住性や積載性を誇るためノーマル車でも十分な質があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

しかし、高品質のハリアーであっても、「愛車を自分好みの、他とは違うものにしたい」と願う方は多いようです。

車をアレンジする方法には様々なものがありますが、その中の1つに「ダウンサス」というものがあります。
「ダウンサス」という言葉を聞いたことがない方もいるでしょう。

今回の記事ではまず「ダウンサスとは何か?」いう解説をした後、「新型トヨタハリアー」に装備できるダウンサス用品の特徴やオススメな点についてご紹介します。

ダウンサスとは?

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

まずは「ダウンサス」という言葉の解説から始めます。
「ダウンサス」とはサスペンションの中のショックアブソーバーには手を加えず、スプリングのみ交換するものです。

「ショックアブソーバー」の「ショック」とは「衝撃」、「アブソーバー」とは「吸収装置」という意味で「衝撃を吸収する装置」です。
つまりショックアブソーバーはスプリングの衝撃を吸収しているのです。

ダウンサスを装備する場合、注意しなければいけないのは、ただ単にサイズが合えばよい訳ではなく、ネットショップで購入する場合、「トヨタハリアーに適合」と書かれたものにするのがオススメです。
適合しないものを装備するとボディーを傷めたり、最悪は事故に繋がってしまうからです。

次の章では「トヨタハリアー」に適合するオススメのダウンサス用品をご紹介します。

オススメのダウンサス用品

この章では、「新型トヨタハリアー」に適合するオススメのダウンサス用品を画像を交えてご紹介します。
「ダウンサス」は車を支える大切な部品であるため、耐久性や耐腐食性など信頼性の高い物を選びたいものです。

画像や解説を見ながら、自分の好みに合ったダウンサスを選んでみてください。

RS-R ( アールエスアール ) ダウンサス【 Ti2000 】トヨタ ハリアー 2WD T530TD

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/から引用

「ダウンサス用品を装備したいけど、車検に通るか心配で・・・」という方も多いでしょう。

このダウンサス用品は過去の豊富なノウハウを元に、車検をギリギリ通過できる低さまでダウン量を調整することができます。

華麗なコーナリングなど、ダウンサス車ならではの颯爽と走るスタイルを実現できます。

チタンが配合されており、ダントツの耐久性を誇ります。
車高を下げた時の乗り心地の悪さもなく、快適なドライブを楽しむことができます。

またハイブリッド塗料が使われており、耐腐食性も優れています。

Tanabe(タナベ) ダウンサス ハリアー 60/65 SUSTEC DF210 1台分セット ZSU60WDK

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B0764NK8W6/から引用

こちらのダウンサス用品は外見の美しさだけでなく、地面ギリギリまで車高を落としこむことに成功した「ビジュアル系ダウンサス」です。

快適な乗り心地で、3年間・50,000km保証という充実した内容です。
また万が一保証期間内にヘタリが生じた場合、無償で交換してもらえるのもオススメです。

またその他の特徴としては、

・車高が変化しても、誤ってヘッドライトの光軸センサーの補正してしまうことを防止する。
・ターンバックル、ナット、ワッシャーの耐食性が優れている。
・ゴム製バンプストッパーを用い、ダウンサス車特有の突き上げ感を減らし滑らかな走りを楽しむことができる。
・特殊な塗装が施されており、サビ・はがれに強く、特に雪国などでの塩化カルシウムによる被害にも対応している。

などです。

ESPRIT PREMIERE(エスプリプレミア)

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B016EJP78A/から引用

こちらのダウンサス用品はダウン量を自在に調整できるスプリングで好みのダウン量と乗り心地の良さを実現できるものです。

装着例の画像を見ていただくと分かると思いますが、「峠を攻める車」といった趣きはなく、周囲の環境に自然に溶け込んでいる印象を与えています。

「新型トヨタハリアーをかっこ良く魅せたいけど、地面すれすれ(いわゆるベタベタ)にはしたくない」方にオススメの商品です。

 

ESPELIR ( エスペリア )【 Super ダウンサス 】トヨタ ハリアーHYBRID 4WD MHU38W EST-832

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611A3jTIqKL._SL1000_.jpgから引用

こちらのダウンサス用品のオススメな点は、なんと言っても実際に車1台1台試験を重ね、 乗り心地と耐久性を追及したものであることです。
テストを重ねることで、ダウン量やストロークを最適なものに仕上げました。

従来であれば乗り心地を犠牲にしがちであったダウンサスを快適なものにすることで、普段使いにもピッタリのハリアーでのドライブを楽しむことができます。

【タナベ(TANABE)】 トヨタ ハリアーハイブリッド AVU65W NF210ダウンサス AVU65WNK

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/から引用

「ダウンサスは外見を追求するあまり、乗り心地が悪いのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。
このダウンサス用品は、より自然な走り心地になるように開発されたもので、走り屋にありがちな粗い走りとは異なり、乗る方に優しい仕上がりになっています。

ダウン量も自然なものに設定でき、このダウンサスを装備すれば、硬い走りしかできないというイメージが払拭され、むしろスタイリッシュな印象を受けるでしょう。

既にご紹介した「Tanabe(タナベ) ダウンサス ハリアー 」と同様に保証期間と距離が「3年間・走行距離50,000km」もあるので安心です。

またヘタリが5mm以上ある場合交換に応じてもらえるのもオススメの点です。

精密機械では世界トップクラスのドイツ製機械を使い、軽量化・耐久力・精密さを兼ね備えた高品質のコイルスプリングです。
また、サビやはがれに強い特殊な塗装がなされているのもオススメの点の1つになっています。

このように「新型トヨタハリアー」に適合したダウンサスは数多く販売されており、走行性能・低燃費・乗り心地などで全体的に上質なものばかりとなっています。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「ダウンサスとは何か?」いう解説をした後、「新型トヨタハリアー」に装置できるオススメのダウンサス用品についてご紹介しました。

昔はローダウン車と言えば、走りを追及するあまり、装備の中で削れるものはできるだけ削り、燃費は度外視した車が主流でした。

しかし、今回ご紹介したダウンサス用品はいずれもあらゆる面で高いレベルでバランスがとれており、目移りするものばかりとなっています。

ダウンサス用品の特徴を知り、「見た目だけでなく実用面でも優れている」という印象をもった方も多いのではないでしょうか?

今回の記事を読んで、「新型トヨタハリアー」のダウンサス用品の魅力について触れていただければと思います。
ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク