ハリアーのナビはどれが良いのだろう?純正or社外品?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

車を通勤の足としてだけでなく、旅行など長距離ドライブの時にも使う方が多いでしょう。
特に長距離ドライブでは土地勘のない所を走ることになります。
一方、身近な場所であっても道路やその周辺の建物などの環境は変化し続けています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

そのような時にドライブを快適なものにしてくれるのが「ナビ」です。
また最近のナビは画面を通して道案内だけでなく、安全運転をサポートしてくれる機能が充実しているものが多くなっています。

今回の記事では、「トヨタハリアー」に装備できるナビを純正と社外品とに分けて比較してみます。

ナビ選びのポイント

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

「トヨタハリアー」に装備できるナビをインターネットで検索すると、実に多くの種類が紹介されており、「どれにしようか?」と悩む方が多いでしょう。
ナビ選びにはコツがあり、見るべきポイントが分かると自分のこだわりや予算に合ったものが見つかりやすくなります。

ポイントとしては、

・画面の大きさ
・操作のしやすさ
・機能やサービスの充実度
・価格

などです。

次の章からは、「トヨタハリアー」に適合するナビを画像を交えてご紹介します。

純正ナビ

まずは「トヨタハリアー」に装備できる「純正ナビ」についてお話しします。
純正の良さはなんと言っても、自動車販売店からのアフターサービスが受けやすい点でしょう。
ご自身のこだわりに合った「トヨタハリアー」に適合するナビを画像を通して選んでみてください。

基本操作

「トヨタハリアー」の純正ナビには共通する特徴や基本操作があります。
いくつかの項目に分けてご紹介します。

・初めて操作する方にもすぐに操作方法が理解でき、画面にあるスイッチに指先だけの簡単操作」でドライブを快適なものにしてくれます。

・頻繁に操作するスイッチだけを厳選して「ハードスイッチ」に配置しており、文字を大きく表記することで、さらに大きくて押しやすくなっています。

・目線をそらすことなくナビに話しかける「T-Connect」を24時間365日利用できるので、目的地までの安全運転をサポートしてくれます。

これらの基本的な特徴を踏まえ、「トヨタハリアー」の純正ナビを比較検討して下さい。

T-Connectナビ 9インチモデル

https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nszt-y68t/から引用

こちらのナビは、画面が9インチと比較的大きく見やすくなっているのが特徴です。

標準装備としては、

・ナビメディアとして32ギガのmicro SD 
・スマホに連携したBluetooth
・お知らせ機能
・ハイレゾ対応(CDを圧倒的に上回る音楽データ量を誇る)
・TVチューナーフルセグ
・サウンドレコーディング(SD録音)

と充実しており、価格は233,280円(DCMパッケージは278,640円となっています。

9インチもあるので、大きく見える地図や迫力の音楽サウンドでドライブがより一層楽しくなるでしょう。

 

T-Connectナビ 7インチモデル

https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nszt-w68t/から引用

9インチとの違いはハイレゾ対応はなく、画面も7インチと小さめなので、価格は157,680(DCMパッケージは203,040円)と比較的お求めやすくなっています。

勿論画面が小さいものの、9インチの物と機能的にはあまり変わらないため、「画面の大きさにはこだわらないけど、ある程度の質は欲しい」にはオススメのナビです。

エントリーナビ 7インチモデル

https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nscn-w68/から引用

こちらのナビも7インチですが、お知らせ機能・ハイレゾ対応・サウンドレコーディングのいずれにも対応していません。

 

社外品ナビ

https://www.alpine.co.jp/products/carnavigation/から引用

続いて「トヨタハリアー」に適合する社外品ナビをご紹介します。
ネットで検索すると、「アルパイン」というメーカーが市場を独占しているようです。

上の画像のナビは「ハリアー専用10型カーナビ ビッグX」というもので、「3カメラ・セーフティーパッケージ」がセットされています。

「3カメラ・セーフティパッケージ」とは

・マルチビュー・フロントカメラ・サイドカメラ・マルチビュー及びバックカメラ

が標準装備されたパッケージで安全運転をサポートする機能が充実しています。

この3つのカメラはドライバーにとって死角になりやすい場所をカバーしてくれます。

具体的には、

・交差点へ進入するときの巻き込み防止

・車両同士のすれ違い

・縦列駐車する際の路側帯や障害物の確認

などができ、ドライバーにとってストレスの多い状況でも安心して走行することができます。

また狭いT字路などでも威力を発揮することでしょう。

これらのカメラは簡単に切り替えが可能になっています。

その分、価格はAmazonで調べると285,000円と少し高めの設定となっています。

このナビは

・JDパワー2018において7年連続顧客満足度調査ナンバーワン

・用品大賞2018でカーナビ部門賞を受賞と高い評価を得ており、使った方が満足するものと言えるでしょう。

このように「トヨタハリアー」の社外品ナビは純正ナビとは一味違う機能が充実しており、「少し価格が高くても機能を充実させたい」方にピッタリのナビです。

 

純正と社外品はどちらがいい?

ここまで、「トヨタハリアー」に適合するナビを純正と社外品に分けてご紹介しました。

どちらがいいかというのは、人それぞれ異なると思いますが、

全体的には

・考えられる事故をできるだけ未然に防ぎたい、また車内で高品質かつ大容量の音楽を楽しみたい方には社外品ナビがオススメ。
・機能や価格を自分のこだわりや予算に応じて選びたい方には純正ナビがオススメ

という結論が出ました。

どのナビも一長一短であり、どのナビにするかは今回ご紹介したナビの特徴を繰り返し読んで、じっくり検討してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、「トヨタハリアー」に装備できるナビを純正と社外品とに分けて比較してみました。

車を単なる通勤や買い物の移動手段してとらえるだけでなく、高品質かつ大容量の音楽や映像を楽しみたいという方が増えています。
また車を運転していて「ヒヤリハット(ヒヤッとしたりハッとしたり)の経験」や毎日のように報道される痛ましい交通事故の映像を見て、安全運転に対する意識も高まっています。

「トヨタハリアー」に適合するナビには、ドライバーのニーズに応える機能が満載されており、ドライブをトータルでサポートしてくれてるでしょう。

今回の記事を読んで、「トヨタハリアー」のナビ選びの助けになれば幸いです。
ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク