新型ハリアーをライバル車と徹底比較:CX-5

日本国内で販売されている車には、実に様々なタイプがありますが、中でも高級車のカテゴリーに含まれる「SUV車市場」は競争が激しくなっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「トヨタハリアー」は1997年12月に初代モデルが登場した後は、海外ではレクサスブランドとして受け継がれていました。
約1年間販売されない時期もありましたが、2013年にフルモデルチェンジされた新型ハリアーが登場してからは、レクサスから独立して今日に至ります。

一方の「マツダCX-5」は、2011年のジュネーブモーターショーで紹介された後、2012年2月に販売が開始され、「トヨタハリアー」のライバル車として人気を得ています。

今回の記事では、「新型トヨタハリアー」とライバル車である「マツダCX-5」を比較してみます。

ボディーサイズ

まずは、「新型トヨタハリアー」と「マツダCX-5」のボディーサイズについて比較してみます。
ボディーサイズは、対向車とのすれ違いのしやすさや機械式立体駐車場への入庫条件などに影響します。

ハリアー

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

「新型トヨタハリアー」のボディーサイズは次のようになっています。

全長 全幅 全高
4,725mm 1,835mm 1,690mm

いわゆるビッグセダンと比較すると、全長はやや短め、全幅はほぼ同じです。
そのため、運転が苦手な方は最初はストレスを感じるサイズと言えるでしょう。

都心の機械式立体駐車場は高さが1,550mmまでという所が多いので入庫できませんが、それ以外では屋根のあるスーパーの駐車場では低い所でも1,800mmまでは入庫可能な所が多いので、全高に関しては普段はあまり気にならないでしょう。

CX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/から引用

一方の「マツダCX-5」のボディーサイズは次のようになっています。

全長 全幅 全高
4,545mm 1,840mm 1,690mm

「新型トヨタハリアー」と比べると全長が180mm短くなっています。
いわゆる普通車と同サイズなので、あまり運転に自信のない方でも楽に運転できるサイズです。

ただし、ハリアーと比較して「横長」タイプなので、狭い道で対向車とのすれ違いにはサイドミラーをすぐに畳めるように普段から慣れておくといいでしょう。
全高はハリアーと同サイズです。

このように、「新型トヨタハリアー」と「マツダCX-5」のボディーサイズを比較すると、全体的にはハリアーの方が大きく、交差点での転回では一旦進行方向と逆の方に車の前方を振ってから回るようにすると回りやすくなります。

室内サイズ

続いて「新型トヨタハリアー」とライバル車「マツダCX-5」の室内サイズについて見てみましょう。
室内サイズは室内にいる方がどれだけ快適に過ごせるかや、積載性のバロメーターになります。

ハリアー

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

「新型トヨタハリアー」の室内サイズは次のようになっています。

室内長 室内幅 室内高
1,965mm 1,480mm 1,220mm

「新型トヨタハリアー」の室内長は、そのボディーサイズを活かして、国産SUV車の中でもトップクラスの長さを誇ります。

そのため、シートアレンジをすれば、大きめのマットレスを敷いて横になることができるだけでなく、サーフボードのような長尺物でも楽に積めるため、長距離ドライブやアウトドアで重宝するでしょう。

CX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/から引用

一方の「マツダCX-5」の室内サイズは次のようになっています。

室内長 室内幅 室内高
1,890mm 1,540mm 1,265mm

「新型トヨタハリアー」と比較すると、やはり全長が短いのが影響しているのか若干室内長は短くなっています。
ただし、室内幅や室内高はハリアーを上回っています。

ここまでの数値を比較すると、「長さを取るならハリアー、幅や高さを取るならCX-5」がオススメです。

燃費

車を比較する数値にはいくつかありますが、維持費と密接に関わるのが「燃費」です。
ここでは、燃費を表すモードについてお話しした後、「新型トヨタハリアー」とライバル車「マツダCX-5」の燃費についてご紹介します。

燃費を表すモード

燃費を表すモードには、「JC08モード」と「WLTCモード」があります。
まず、それらの違いについてご説明します。

JC08モード

「JC08モード」とは2011年4月以降に型式指定を受ける車に表示義務のある燃費の数値のことです。

車の燃費は、
・気象条件
・渋滞等の道路環境
・急発進、エアコンなどの使用状況

などで異なるため、より実態に近い測定方法としてJC08モードが考案されました。 
JC08モードと特徴としては、エンジンが冷えた状態から測定するという点が挙げられます。
一般的にJC08モード燃費の方が従来の「10・15 モード」に比べて燃費がおよそ1割ほど低くなります。

WLTCモード

一方の「WLTCモード」とは、(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle)の略で、国連が定めた国際基準です。
日本では、2017年夏頃から使われ始め、2018年10月から表示が義務かされました。

WLTCモードでは、
・市街地モード
・郊外モード
・高速道路モード

という3つのモードで計測されるのが特徴の3つで、JC08モードと比較してより実際の走行に近い状態で測定されると言われています。

ハリアー

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341から引用

「新型トヨタハリアー」では、JC08モードでの燃費が掲載されています。

ターボ車 ハイブリッド車 ガソリン車
13.0km/L 21.4km/L 16.0km/L

上記の数値は搭載される装備により若干の差があるものの、やはりハイブリッド車がダントツに燃費が優れているようです。

ターボ車と比較すると約8km/Lも燃費が良く、またハイブリッド車のタンク容量は56Lあるため、単純計算では満タンで56×21=1,176kmの走行が可能になります。

CX-5

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/から引用

一方の「マツダCX-5」では、「WLTCモード」での数値が掲載されています。

ディーゼル車(2WD) ディーゼル車(4WD) ガソリン車
17.4~19.4km/L 16.6~18.6km/L 14.6~16.0km/L

上記の数値に幅があるのは、グレードにより燃費が異なるためです。
全体を比較するとディーゼル車の方が燃費が良いようです。

またディーゼル車はガソリンより安い軽油を使うため、燃料費が安くなるメリットがあります。

「新型トヨタハリアー」との比較では、燃費が最も優れているのはハリアーのハイブリッド車ですが、それ以外では「マツダCX-5」の方がやや上回っている印象を受けます。

車両本体価格

最後に、「新型トヨタハリアー」とライバル車「マツダCX-5」の車両本体価格を比較してみます。
車をローンで購入する方にとっては毎月の支払額に関わることなので、同じ車種の中でもどのグレードにするかを決める目安となるでしょう。

ハリアー

「新型トヨタハリアー」の車両本体価格は次のようになっています。

・ターボ車

グレード 駆動方式 車両本体価格
PMLP 2WD 3,850,200円
PMLP 4WD 4,044,600円
PREMIUM 2WD 3,519,720円
PREMIUM 4WD 3,714,120円
ELEGANCE 2WD 3,380,400円
ELEGANCE 4WD 3,574,800円

・ガソリン車

グレード 駆動方式 車両本体価格
PROGRESS 2WD 3,784,000円
PROGRESS 4WD 3,974,400円
PMLP 2WD 3,599,640円
PMLP 4WD 3,794,040円
PREMIUM 2WD 3,249,720円
PREMIUM 4WD 3,444,120円
PROGRESS MLP 2WD 4,129,920円
PROGRESS MLP 4WD 4,324,320円
ELEGANCE 2WD 2,949,480円
ELEGANCE 4WD 3,143,880円

・ハイブリッド車

グレード 車両本体価格
PROGRESS MLP 4,953,960円
PROGRESS 4,604,040円
PMLP 4,424,760円
PREMIUM 4,074,840円
ELEGANCE 3,774,600円

※PMLPとは「PREMIUM metal and leather package」の略です。
※「PROGRESS MLP」とは「PROGRESSmetalandleatherpackage」の略です。

一口にハリアーと言っても車両本体価格は最大約170万円程度の開きがあります。
装備が充実すればするほど、ハイブリッド車のように燃費の良い車になればなるほど車両本体価格が高くなってしまいます。

予算に余裕のない方は「装備の充実度を取るか?燃費を取るか?」をよく考えてグレードを選ぶといいでしょう。

CX-5

一方、ライバル車の「マツダCX-5」の車両本体価格は次のようになっています。
・ディーゼル
グレード 駆動方式 車両本体価格
XD  2WD 2,883,600円
XD 4WD 3,110,400円
XD L Package 2WD 3,331,800円
XD L Package 4WD 3,558,600円
XD Proactive 2WD 3,115,800円
XD Proactive 4WD 3,342,600円
・ガソリン車
グレード 駆動方式 車両本体価格
20S 2WD 2,570,400円
20S proactive 2WD 2,802,600円
25S 4WD 2,797,200円
25S proactive 4WD 3,029,400円
「マツダCX-5」の場合、同じ車種内での車両本体価格の差は約98万円程度なので、「新型トヨタハリアー」よりも価格差はありません。
また全体的にCX-5の方がお求め安い価格帯になっています。
ただし、グレードは「新型トヨタハリアー」の方が細かく設定されているため、より自分の好みに合った1台に出会える可能性は高いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、「新型トヨタハリアー」とライバル車である「マツダCX-5」を比較してみました。
車を購入する際は、比較検討する項目が多くて、カタログや自動車販売店の方の話を聞いても悩みが深まる方も多いでしょう。

しかし、車選びには今回ご紹介したようないくつかのチェックポイントがありますので、ご自身のこだわりと重ね合わせて検討すれば、より理想に近い1台に巡り会えることでしょう。

今回の記事を読んで、「新型トヨタハリアー」と「マツダCX-5」の違いについて知っていただけたらと思います。
ハリアーグッズ

ハリアーが欲しい!!

トヨタハリアーは、2013年11月にフルモデルチェンジが施され、3代目となりより進化したモデルとなっています。

トヨタ ハリアーは、1997年に初代が発売されてから、高級クロスオーバーSUV(スポーツ用多目的カー)という新たなジャンルを切り開いた車です。

でも、いざ買うとなると、

「ハリアー欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「ハリアーを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、ハリアーの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、ハリアー欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

 

「ハリアー画像」の画像検索結果

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク